研究 / Research

情報学プリンシプル研究系

井上 克巳
INOUE Katsumi
情報学プリンシプル研究系 教授
学位:1993年,博士(工学)
専門分野:知能情報
研究内容:http://research.nii.ac.jp/~inoue/official/content_j.html
研究室WEB

サイエンスライターによる研究紹介

コンヒ?ューターによる科学知識の発見に向けて

人工知能研究は、人間のさまさ?まな能力をコンヒ?ューター上に実現してきました。また?十分に実 現て?きていない人間の能力に"発見する"、"発明する"という行為か?あります。「発見?発明」とは、 今まて?誰も知らなかった新しい理論を作る創造的な行為て?すか?、これまて?に蓄積された情報?知識 を利用するとともに、人間の発見能力に相当する部分を組み込むことて?、コンヒ?ューターにもて?きる と思っています。

コンヒ?ューターと人間の思考の違い

1980 年代からコンヒ?ューター技術開発の国家フ?ロシ?ェクトにかかわるなと?、人工知能研究に携 わってきました。それは賢いコンヒ?ューターを作ろうという試みて?、私は、人間の思考方法に関す る基礎理論を研究していました。 コンヒ?ューターは本来、論理の飛躍をしないことか?特徴とされます。つまり、前提となる事実か ら論理的に筋道か?通るものを導き出します。そこに曖昧さはありません。一方、人間の思考には曖 昧さや飛躍か?あります。つまり、十分必要な前提条件か?なかったとしても、過去の経験なと?をもと に結論を導くことか?あるのて?す。この飛躍か?人間の知能の大きな特徴の1つて?す。

未知の科学知識を発見する

コンヒ?ューターに人間的な思考をさせようと研究しているうちに、科学の発展に寄与するような知識 を発見て?きないた?ろうかと考えるようになりました。「発見」とは新しいことを見つける、いわは?飛躍 て?す。具体的には、観測事実や目標とする現象か?、これまて?に得られている知識からは説明や実現て?き ない場合に、欠けた部分にあたる仮説を立てます。それか?過去に誰も考えたことか?ないものて?あれは?「発 見」になるのて?す。 今、生物を全体としてとらえる「システム生物学」か?注目を集めています。これまて?の生化学研究に よって、遺伝制御や酵素反応、代謝なと?生物の部分はわかってきています。それを全体としてとらえよ うとすると、と?うしてもわからない部分か?あって仮説か?必要になります。生物学に限らす?一般に科学て? はこれまて?、仮説は研究者たちによって立てられ、検証されてきました。生化学の知識か?蓄積され膨大 になった今、もし多くの情報を扱うことを得意とするコンヒ?ューターに発見か?て?きるとすれは?、生物 学?工学?医学?薬学なと?の学問や人間の暮らしは、いちた?んと進歩するかもしれません。 そこて?、システム生物学の発見に対して、以前から考えてきた数学的な推論方法を使って仮説を生成 しようと考えてみました。しかしなか?らこのやり方て?は、生成される仮説の数か?多過き?て扱いきれない という問題に直面しました。それも、確率の手法を使うことて?、仮説に優先順位を付け絞り込みか?て?き るようになってきています。コンヒ?ューターか?出すのはあくまて?も仮説て?すから、正しいかと?うかは実 験による証明か?必要て?す。そのために、生化学の研究者の力を借りなけれは?なりませんか?、生化学の側 て?も、コンヒ?ューターか?提示する仮説か?大きな発見につなか?るのて?はないかと期待してくれています。 科学知識の発見にはまた?また?解決すへ?き難題か?多いて?すか?、生化学分野て?成果か?得られれは?、さらに 多くの分野の発見?発明につなけ?ていきたいと考えています。

PDFをダウンロード


取材?構成 池田亜希子

関連情報

注目コンテンツ / SPECIAL

第九区在线观看免费观看_一加7_人妻人妇200篇_结婚发现老公太大了怎么办